LINEモバイルのデメリット

Sponsored by




SNSを使わない場合は料金が少々割高

TwitterやFacebookなどSNSを普段あまり利用しない方には、料金設定が若干割高になっています。しかしSNSのヘビーユーザーの方には使い放題ですから、通信代金を心配することはなく利用できます。他社との比較は別ページでお知らせ致します。

格安スマホのセレクションが他社より少なめ

会社によれば20種類のほどのセレクションがある中、LINEモバイルの格安スマホの種類は多くはありません。2017年4月現在は6機種ありますが、どれも選び抜かれた製品ですので問題はありません。この中に使いたいモノがないんだよなぁ、という方はSIMフリーの端末を購入されてLINEモバイルのSIMを利用されることをお勧めします。

SMS無しのプランの選択肢がない

「SMSなんてつかわないよ!」という方には残念ながらSMS無しのプランが存在しません。割高になっている原因の一つかもしれませんね。これも改善の余地があるかもしれません。今後の対策を見守りたいと思います。

支払いに銀行引き落としが選べない

申し込みの際に、ご本人名義のクレジットカードまたはLINE Payカードを利用する以外、支払いに銀行引き落としが使えません。楽天やワイモバイルなどは対応していますが、この辺りも今後の動向を見守りたいと思います。

端末補償サービスが無い

多くの格安SIMを提供する会社同様、端末の補償サービスがありません。iPhoneをご利用の際は、アップルストアにてアップルの補償サービスを付帯させることをオススメ致します

LINEモバイルへ申し込む方法まとめ

LINEモバイルの全て

docomo回線からLINEモバイルへ乗り換える方法

au回線からLINEモバイルへ乗り換える方法

SoftBank回線からLINEモバイルへ乗り換える方法

LINEモバイルの料金プラン

Sponsored by