LINE Payカードとは?LINEモバイルの決済は可能?入手方法は?

Sponsored by




LINEモバイルを申し込む際に必要なのはクレジットカードです。申込みに厳密な「審査」はありませんし、信用情報機関に運営元のLINEが連絡をすることはありません。ではクレジットカードを所有していない人はどうすれば申込みできるのでしょうか?

大手キャリアには銀行口座引き落としという支払い方法もオプションとして存在しますが、LINEモバイルは提供していませんが、LINE Payカードで支払う方法があります!

LINE Payカードを入手する方法をお伝えします!

LINE Payカードがあれば、口座振り込みでチャージが出来ますので、実質的に毎月の支払いは口座引き落としで可能であるとお考えください。

LINE Payカードとは?

LINE Payカードとは、LINEモバイルの提供元であるLINEが提供するJCBブランドのプリペイド式カードです

LINE Payカードの入手する際は、クレジットカードのような時間のかかる面倒な審査もなく、とても簡単に手にすることができます。ですので、18歳未満の学生さんでも入手できるので、未成年には大変うれしいカードではないでしょうか?

クレジットカードを所持していない方には朗報です!

LINE Payカードの特徴とメリットとは?

LINEモバイルの決済をクレジットカード無しでおこなえる!

LINE Payカードの最大のメリットと言っても過言ではありません。多くの競合他社も同様にクレジットカードがなければ申込みさて出来ないことが多い格安SIM、LINE Payカードの存在は救世主となるでしょう。クレジットカードを利用したくないかた、また年齢的にクレカを所有できない学生には最高のカードとなること間違いありません。

プリペイドなので使いすぎが起きない

先にLINE Payに入金・チャージをするシステムなので、知らない間に使いすぎていたということには陥りません。使いすぎを防ぐことができます。

オートチャージで口座振替のように使える

プリペイドカードのデメリットとして指摘を受ける点は「残高が無くなった」ときに使えなくなる、また面倒な手動入金・チャージをしなければならない、ということですよね?

LINE Payでは複数の方法で自動チャージを行ってくれる大変便利な設定が可能です。

  • コンビニよりチャージ
  • 銀行口座よりチャージ
  • 専用口座よりチャージ
  • PayEasy(ペイジー)よりチャージ
  • 設定した残高より下回った場合にオートチャージ

オススメは勿論、最後のオートチャージです。簡単に設定ができて便利です。これで口座振替と同じ要領で利用可能ということです。

JCB加盟店で利用できてLINEポイントがたまる

利用した金額の2%と大変お得なポイント制度です。100円で2ポイントたまるシステムになっていますので、街中でのショッピング、ネットショッピング問わず利用代金に対して2%還元されるのは大変ありがたいですね。

クレジットカードなどで2%を総額に対して還元するカードは今まで見たことがありません。カード会社が特定するお店などで2%還元されることはしばしあるようですが。そういう意味でも、LINE Payカードを利用しない理由はみたありません。この点は、もっとLINE側は押すべきだと私はおもっています。

ちなみにローソンのポンタカード、nanacoカードは1%、WAONは0.5%に設定されているので、LINE Payカードがいかに高い還元率であるかがわかります。

LINE Payカードでたまったポイントは様々なポイントに交換可能です。

  • LINEコイン
  • LINE MUSICクーポン
  • Amazonギフト券
  • nanacoポイント
  • JALマイレージバンク
  • メトロポイント
  • Pontaポイント

多くの方が頻繁に利用することの多いAmazonへの交換はありがたいですし、旅が多い方にはJALマイレージへのポイント交換はかなりお得感がありますね。

LINE Payカードのデメリットと注意すべき事とは?

デメリットといえるほどの事ではありませんが、3点のみ注意点としてお伝えしておきます。

残高不足でLINEモバイルの支払いができない状況が続くとLINEモバイルが利用停止になる

LINEモバイルの利用料金をクレジットカード払いを登録した場合、カード会社が立て替えてLINEモバイルに先に支払ってくれる形のためLINEモバイルへの支払いが遅延することはありません。それに対してプリペイドであるLINE Payカードを使ってLINEモバイルの利用料金を支払う場合、あらかじめ入金しておく必要があるためLINE Payの残高が利用料金を上回るように入金するのを忘れると引き落としされません。結果、LINEモバイルへの支払いを滞納することになります。

ですので、オートチャージをオススメしますし、銀行口座の資金管理には注意されてください。

オートチャージは日本にあるすべての銀行に対応しているわけではない

LINEモバイルの支払いを実質的な口座振替にするため、LINE Payカードのオートチャージ機能を活用しますが、オートチャージ機能はすべての銀行に対応しているわけではありません。

提携している銀行は下記の通りですので、もしアナタが該当する銀行に口座をお持ちでない場合は、新規口座登録をされることをオススメします。

ゆうちょ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
横浜銀行
伊予銀行
滋賀銀行
百五銀行
福岡銀行
親和銀行
秋田銀行
十六銀行
熊本銀行
千葉銀行
北洋銀行
八十二銀行
鳥取銀行

LINE Payカードが不正利用された場合の補償は基本は10万円まで。残高は10万円未満にしておくこと

先ほども記載しましたが、LINE Payカードは、紛失したり盗難されるなどしてLINE Payカードを不正利用された場合、「利用者補償制度」により損害額が補償されます。注意点は補償される金額でLINE Payカードの本人確認を行っていないユーザーの補償限度額はチャージ限度額の10万円となっています。

本人確認を行っているユーザーで損害額が10万円を超えている場合は、利用状況や警察当局による捜査結果などをふまえて補償限度額の引き上げを個別に検討するとのことです。

ちなみに、LINE Payカードの本人確認方法は「本人確認書類の登録」または「銀行口座振替の登録」のどちらかです。LINE Payカードを使ってLINEモバイルへの支払い登録が終わっている場合は、既に本人確認も終わっていますね。LINEモバイルの決済方法にLINE Payカードのオートチャージを利用していれば、仮にLINE Payカードの残高が10万円を超えていて不正利用が10万円を超えてしまっても補償限度額が引き上げられる可能性はありますが、逆に個別検討の結果引き上げられず10万円の限度額で補償される可能性もあります。

ややこしい話は抜きにして、リスクを最小限に抑えるためにも、特に理由がない限りはLINE Payカードの残高を10万円以上を超さないことです。LINEモバイルの支払いには月に数千円しかかからないのですからJCB加盟店などの利用をたくさんされる方であっても、10万円以上の入金をしないという決めごとがあれば、問題ないかとおもいます。

LINE Payカードの入手方法

LINE Payカードの入手方法は二通りあります。

  1. LINE Payアプリから申し込む
  2. コンビニで購入

LINE PayカードをLINEモバイルの決済に使うための設定方法

LINE Payカードを入手したら利用開始手続きをする

LINE Payカードに同封されているQRコードをスキャンし、現れるURLをタップする。

URLを開く画面になったらLINEを選ぶ。URLをスキャン出来ない場合はこちらにアクセスしてください

http://lin.ee/start

LINE Payの初期設定がはじまるので、指示に従ってください。

利用規約やプライバシーポリシーを確認して、すべてにチェックを入れて「同意します」をタップ。

LINE Payカード専用のパスワードを入力する画面にいきます。パスワードは数字6ケタです。メモを忘れずに。確認のために二回入力して終わります。

LINE Payカードの裏側にある数字3ケタのセキュリティコードを入力し、「次へ」をタップします。ここでチャージ金額が表示されます。この金額はコンビニでLINE Payカードを入手した際に支払った金額となります。間違いがなければ「OK」をタップし進みます。

パスワードを入力すると利用開始手続きが完了。LINE Pay TeamのLINEアカウントから、利用開始手続き完了メッセージが届きます。

LINE Payカードにオートチャージで使う銀行口座を設定する

利用開始手続きが完了したら、LINE Payカードに自動入金するための口座登録をします。

LINEアプリを起動して右上の「・・・」アイコンをタップして「LINE Pay」を選び、「チャージ」をタップします。

LINE Payカードへのチャージ方法が一覧で表示されます。ここでオートチャージを選びますが、本人確認を求められます。ここまできたら、オートチャージに使う銀行口座を設定します。

「銀行口座」をタップして、オートチャージで使う銀行を選びます。銀行のリストが出てくるので該当するアナタの口座を選んでください。

LINE Pay利用規約が表示されるので下までスクロールして確認し、最後まで確認したら「同意します」をタップします。引き続き銀行口座の登録をしていきます。氏名や生年月日、職業、LINE Payの利用目的、住所などを全て入力し終わったら「次へ」をタップします。

すると、選んだ銀行のウェブ口座受付サービスの画面が表示されます。銀行によって画面が異なる場合がありますが、よく指示を読みながら従ってください。利用規程確認の「同意する」をタップして支店名の頭文字を入力します。支店名が表示されたらチェックを入れて「進む」をタップし、預金種類と口座番号を入力していきます。口座番号や口座名義人名、生年月日を入力後、セキュリティのための数字を入力し「進む」をタップします。

キャッシュカードの暗証番号とセキュリティの数字を入力して「進む」をタップし、再度確認画面が表示されたら「口座振替申込」をタップします。LINEアプリが起動して「銀行口座の登録完了」と表示されれば、LINE Payカードへの銀行口座の登録は完了です!口座登録したことでLINE Payカードの本人確認も完了しています。

LINE Payカードのチャージ方法をオートチャージにして銀行口座から自動入金し口座振替のようにする

LINE Payカードに銀行口座を登録して本人確認も完了したら、LINE Payカードへのチャージ(入金)方法をオートチャージにして銀行口座から自動入金し、実質的な口座振替にしていきます。LINEアプリを起動して右上の「・・・」アイコンをタップして「LINE Pay」を選び、「チャージ」をタップします。

「オートチャージ」をタップすると、本人確認が完了しているため、今後はオートチャージの設定ができるようになっています。「オートチャージ」をタップしてオンにします。銀行の口座番号が表示されますので、その下に表示されるオートチャージ条件とオートチャージ金額を設定していきます。

オートチャージ条件は、LINE Payカードの残高がここで指定した金額を下回ると銀行口座からオートチャージされます。指定できる金額は1,000円単位です。初期設定では3,000円になっています。仮に1,000円に変更すると、LINE Payカードを使って支払いをして、残高が1,000円を下回ると銀行口座から自動入金されという仕組みです。

次に「オートチャージ金額」をタップします。オートチャージ金額は、オートチャージ条件を満たした(設定した残高を下回った)際に自動入金する金額のことです。初期設定では5,000円になっています。ですので、5000円を下回った場合、登録された銀行より自動的に5000円が入金されます。

LINEモバイルの利用料金をLINE Payカードのオートチャージで決済する際の注意点

LINEモバイルの利用料金をLINE Payカードのオートチャージで決済する場合、注意すべき点があります。それは、LINE Payカードの残高とオートチャージの設定です。まず、LINE Payカードの残高はLINEモバイルで選んだプランの月額料金よりも多くしておく必要があります。

例えば、コミュニケーションフリープランの5GB データ通信SIMは月額料金が1,610円ですが、オートチャージの設定の「オートチャージ条件」が1,000円だと残高が1,050円しかなくてLINEモバイルの利用料金が引き落とせない!といった事態になる可能性があります。

コミュニケーションフリープランの5GB データ通信SIMの場合、オートチャージ条件は2,000円以上にしておきましょう。また、7GBになると月額料金が2,000円を超えるので、オートチャージ条件は3,000円以上にしておく必要があります。音声通話SIMの場合は月額料金に通話料金も加わるので、より余裕を持ったオートチャージ条件にしておくことをおすすめします。なお、LINEモバイルは利用料金が決済できない状態が続くと利用停止になる恐れもあります。十分に注意しましょう。

まとめ

如何でしたでしょうか? LINE Payカードは大変便利なプリペイドカードで、クレジットカードを利用するよりも手数料はかからず、銀行口座に預金をおいておくだけで、スムースに自動処理をしてくれます。また、コンビニでの支払い、ショッピングなども同カードで決済可能ですので、日々の生活にも便利さを提供してくれます。

私はできる限りクレジットカードを使わず、デビットカードやこのLINE Payカードを利用するようにしています。

 

LINEモバイルを今すぐ申し込む

Sponsored by




5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です