【質問】LINEモバイルで「LINE@」は利用可能でしょうか?

Sponsored by




LINE@

LINE@はビジネス的に利用できるLINEのサービスです。複数の登録者に一度に告知やDMのような形で情報発信が可能なサービスですが、LINEモバイルで利用できるのでしょうか?

LINE@は年齢認証が必要なサービスですので、LINEモバイルに契約すると簡単に登録、利用可能となります。

詳細をご説明致します。

LINEモバイルからLINEへ登録すると年齢認証は必要ない

すでにLINEを利用していて年齢認証済みのユーザーの方は、この項目はスルーしていただいて結構です。

しかしまだ年齢認証が出来ずに、使えないサービスなどがあるんだよね、という方には朗報です。

LINEモバイルに申し込みユーザーとなると、LINEそしてLINE@の年齢認証が必要ありません。設定は簡単でLINEモバイルからLINEやLINE@の連携をすれば良いだけなのです。

仕事上LINE@が必要なんだよね、という方は月額500円の最安値のプランに申し込みをしていただければ年齢認証がスルー出来てすぐにLINE@を使えるようになります。

そもそもLINEとLINE@の違いとは?

LINE@

補足説明となりますが、LINEとLINE@の違いをご説明致します。

LINE:1対1また1対複数の会話を可能にするアプリ

LINE@多人数に情報を一斉配信できるアプリ。

LINEは説明不要とうくらい皆さんには親しみのあるアプリではないでしょうか?

その点LINE@って何?と感じる方は多いかとおもいます。

LINE@は基本的に、メルマガブースと同じ役割を果たします。メルマガの登録は色々と設定がややこしいのですが、LINE@は大変シンプルです。

提供したい情報をメールのように一斉配信が可能です。アナタのLINE@に友達登録した方々へメッセージが配信されるアプリです。企業や店舗がクーポンなどの配信をしていますが、個人ビジネス、ネットビジネスをお持ちの方には大変便利な宣伝アプリとなるでしょう。

メッセージ以外にもスタンプも送信できますし、予約送信の設定も可能です。1000通まで一斉送信が可能で、有料プランを利用すれば、1000通以上が送信できるようになります。最高で50,000通まで一斉送信できます。

注意点は二つあります。

1.未成年はLINE@に登録不可能

2.LINE@はカウントフリー対象外

LINE@で可能なことリスト

LINE@でできることをリストアップしておきます

 

メッセージ一斉配信

LINEのように1対1の会話も可能

アカウントページというご自身のHPが作成可能

リサーチページでアンケートを取得可能

ホーム投稿が可能(友達登録したユーザーのタイムラインに情報が配信される)

クーポンやPR情報の一括配信可能

通販機能が利用可能

 

LINE@には2つのアカウントタイプが存在する

LINE@には「一般」と「認証済」の二つのアカウントがあります。

一般アカウントは個人ても取得できるアカウント

認証アカウントは審査が必要で、店舗の宣伝や通販機能が利用できるビジネスアカウントです。

LINE@利用の際にはLINEの年齢認証が必須

LINE@は18歳以上が利用可能なサービスです。ですから、LINE@は年齢認証がマストです。

LINEモバイル以外格安SIMでは年齢認証が不可能なのでLINE@は登録ができませんが、LINEモバイルは業界で唯一年齢認証が出来る格安SIMですので、LINE@が利用できます。

 

LINEモバイルへ今すぐに申し込む!

 

Sponsored by




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です