LINEモバイルを自宅のネット回線として使えるのか?

Sponsored by




Broadband Speed

自宅に光回線を引くのが面倒な方、WiMAXなどは値段が高いから躊躇している方など、自宅でのネット環境を整えるために苦慮している方は多いかと思います。

引っ越しをすると当たり前のようにJCOMやNTTフレッツなどの契約概要が郵便受けに入っていますよね?どこの業者も最低でも月額3000円から5000円あたりで、なおかつルーターレンタル費用、設置費用、初期費用など結構な出費になることはご経験されている方も多いはず。

そこでご提案です。

LINEモバイルを自宅回線として使ってみてはいかがですか?

まずは、LINEモバイルの料金プランをご覧ください。

Line Mobile Data Plan

LINEモバイルは10GBのデータプランでも月額2,640円とかなり割安です。おまけに超高速かつ安定しています。

「10GBなんてYouTubeの動画を観ていれば一瞬でなくなるじゃないか!」とおっしゃる方もいらっしゃるとおもいます。LINEモバイルは残念ながら無制限プランは存在しませんが、他社に多い「3日間制限」なるものも存在しません。

詳しく説明しましょう

3日間制限とは?

データ量の使いすぎを制御するためか、各業者がこの3日間制限を設けているところが多いのです。3日間である一定のデータ量を超えた場合にかかる制限なのですが、業者に利用料をモニターされていて、著しく多いデータ量を使用した場合に規制がかかるという代物。

この規制がかかってしまった場合、データ量を追加購入しても制限がかかったままで高速には戻れません。また、解除されるまでは300Kbps以下、酷い場合は20Kbpsまで通信速度が極端に落ち込み、全く使い物になりません。

LINEモバイルには3日間制限がない!!!!

この規制そのものをLINEモバイルは設定していません。最近はLINEモバイルにならい楽天モバイルなども規制を撤廃しました。またmineo、OCNモバイルONE、FREETELなども続々と3日間制限をしないことを発表しています。

回線を使う上で一番のストレスは繋がりにくさと通信速度です。

LINEモバイルは日常的にインフラへの設備投資を行っており、回線速度維持につとめています。

関連記事:

【知識】MVNEって何?LINEモバイルはどこに属してる?

【質問】LINEモバイルの繋がりやすさは?地下鉄でも電波は入りますか?

LINEモバイルは10GBを使い切った後も通信速度は安定的に速い

10GBは自宅でパソコンをつなぎ、動画などを連続視聴していたらすぐになくなってしまうかもしれません。そして制限がかかってしまう事も考えられます。

しかしながら、LINEモバイルは他社が200Kbpsあたりで推移する通信速度(酷い場合は20Kbpsまで落ち込みます)が、安定的に500Kbpsで通信できるのです。

これも普段からインフラを整えているLINEモバイルならではのメリットで、安定的な速さを維持できている理由です。

 

ご自宅で利用する場合はSIMフリーのルーターを購入してください

ポケットWi-Fiはいまやアマゾンなどで安く販売しています。自宅でもどこでも利用可能なバッテリー内蔵型のルーターをいくつかオススメします

Aterm MR05LNとdocomo Wi-Fi STATION L-01Gの二機種が大変優秀なSIMフリーモバイルルーターです。どちらもお値段が安く、様々なSIMを受け付けますのでLINEモバイルにはもってこいです。

Aterm MR05LNの概要

AtermMR05LN

Aterm MR05LNはdocomo系のモバイルルーターで最強モバイルルーターと言われています。何よりもSIMフリーなのでdocomo系のLINEモバイルでもau系のmineoでも利用可能です。海外に行かれたときも現地のデータSIMを購入しデータ通信が可能でもありますので、大変便利ではないでしょうか?

バッテリー容量が2,500mAhあり、連続通信時間がBluetoothで30時間、WiFiで14時間と十分ですので外出時も安心。

ほかにも、nanoSIM×2枚のデュアルSIMを受け付ける仕様であることや、MVNOを含む主要な通信会社のAPNが既に登録済みなので初期設定が大変ラクなこと、LTE国際ローミングに対応しているので海外でも高速通信が可能なこと、専用アプリ経由で本体を取り出さなくても操作が可能なこと、などメリットは多いです。

docomo Wi-Fi STATION L-01Gの概要

L-01G

L-01Gは2年前のモデルで型落ちということもありお値段が安いです。しかし機能的には現役バリバリです!

そして売りの一つとしては、バッテリーが4800mAhと大きく、LTE通信だと20時間も連続通信が可能ですので、外出時は安心ですね。タッチパネル画面も視認性が高く使いやすいです。

まとめ

LINEモバイルを自宅で利用する方法、またモバイルルーターで外出時でもネット回線が確保できる安心感。月額たったの2640円の10GBデータ通信プランに加入いただき、使い切っても500Kbpsの高速通信を維持しているLINEモバイルは、格安SIMの中でも最強クラスといっても過言ではありません。

参考になれば幸いです!

LINEモバイルへ今すぐに申し込む!

Sponsored by




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です