SIMフリー、SIMロック解除とは?詳細に解説

Sponsored by




LINEモバイルを利用するに辺り、お持ちのiPhoneやスマホがSIMロック解除されていること、またはSIMフリー(SIMロックフリー)であることが条件となります。

※docomoのiPhoneやスマホご利用の場合はロック解除が必要ありません!

SIMロック、SIMロック解除を詳細に解説します

まずSIMとは一体何か?

SIMもしくはSIMカードは、Subscriber Identity Moduleの略でサブスクライバー=契約者に割り振られた固有のメールアドレス、または識別番号、電話番号が登録されているカードのことを言います。

SIMカードがiPhoneやスマホ、携帯電話に挿入されている状態ではじめて携帯電話の利用者、契約しているキャリアが特定できます。

SIMロックとは?

契約しているキャリア、日本の場合は大手三社であるdocomo/au/SoftBankが上げられますが、この三社が契約時に配布する端末、iPhoneやスマホは、提供するSIMカードとセットになっています。

SIMロックというのは、端末販売とSIMカードを発行するキャリアを一致させるという仕組みのことを言います。

契約者が通信費をキャリアに支払う義務が前提の上で、docomoやauやSoftBankがiPhoneやスマホを「実質ゼロ円!」といううたい文句で販売していても利益を上げることができたのです。

元々iPhoneなどは大変高価な端末ですが、キャリアと契約することで分割払いなどの制度で購入可能になり契約時に事務手数料以外は払わなくて良いという事で、カンタンに高価なiPhoneを購入できるようになったわけですね。

ちなみに海外の携帯事業者にこのSIM LOCKという概念はほぼありません。向こうで購入できる端末の殆どがSIMロックフリーの状態で販売されています。SIMロックがかかっている事自体が日本特有名モノとお考えください。

SIMロック解除とは?

ではこのSIMロックを解除するという事について詳しくお話しましょう。

2015年5月以降、携帯電話やスマホのSIMロック解除の義務化がはじまりました。ロック解除の義務化の流れにより、LINEモバイルのような格安SIM業者が格安のプランを提供できるようにもなり、またアナタのようなユーザーが安くiPhoneを使えるようにもなりました。では、何故SIMロック解除が義務化されたのか?

SIMロックのルールでは、端末と通信回線を一括契約しなければなりません。結果、ユーザーが端末や回線を自由に選ぶことができません。

通信回線と端末を切り離して購入できる仕組みを作るため、2010年総務省は「SIMロック解除に関するガイドライン」を作成しました。

大手キャリアは勿論反発しました。現在いる顧客だけでなくこれから取り込もうとする新規契約者を逃してしまう可能性があるからです。悪しき「2年縛り」などはまさにこの時期に生まれたのはご存じですか? そうです、大手三社が現在のお客さんを囲い込むための苦肉の策だったのでしょう。「二年縛り」とはカンタンに言えば、二年以内に契約を解除すると、違約金が発生しますよ、というモノですね。ユーザーには一切歩み寄っていない大手三社のエゴでしょう。私見ですが、これは残念ながら認められません。しかし、いまでもまかり通ってしまっています。

また「他社から乗り換え割り引き」や「MNPの事務手数料無料」(いまは結局全てのキャリアがMNPの際の事務手数料は無料になっています)などもこの時期に発案され、大手が牽制し合うといった状況になりました。

ガイドライン制定後、SIMロック解除に踏み出したのはdocomoとSoftBankでした。2011年以降の端末はSIMロック解除の機能を取り入れるようになりました。auのみ他二社と通信規格が異なるため足並みがそろわず。そして、2015年のSIMロック解除義務化の流れで2017年現在、2015年以降発売のiPhoneなどはカンタンにロック解除が可能になりました。

これによってユーザー側は選択肢が広がり、大手に搾取されることなく自由に通信業者が選べる時代になりました。ある意味、世界基準的に当たり前の事なのですが、日本独自のガラパゴスメンタリティがこういう所にでてしまったということですね。色々と遠回りしているのは相変わらずだと思います。

SIMロック解除の義務化のメリットとデメリットとは?

SIMロック解除が義務化され、ユーザーは所有する端末をもって通信業者を自由に乗り換えることができるようになりました。義務化間もない頃は、2年縛りという「搾取」があり自由からはほど遠い方もいらっしゃったとおもいますが、あれから時間が経ち、ユーザーを縛る制度も緩和されました。

そして何よりも大きな変化は柿安SIM市場が盛り上がったということですね!通信事業者同士の競争が激化し、各社料金プランに個性をだしています。速度にこだわるLINEモバイルは、莫大な設備投資をしていますし、今後一層発展していくことは間違いありません。

格安SIMの台頭で毎月の通信コストも削減でき、良いことずくめだとおもいます。

SIMロック解除をするメリット

SIMロック解除するメリットお持ちのiPhoneやスマホを、どの通信業者のSIMでも利用可能ということです。これにつきます。なんの縛りも無く、好きな業者の好きな料金プランで利用可能なる。これぞまさにSIMロック解除した端末を持つ大きなメリットです。

ですから、海外へ渡航されたとき、滞在先の格安SIMを購入しそのまま挿して使う事も可能になります。日本の大手キャリアは「国際ローミングサービス」を提供していますが、これは大変不経済です。1日3000円から4000円と割高ですので、海外へ行かれる場合は現地にて2000円ほどで1Gや3Gのデータパックを購入されお使いになることを強くおすすめします!

また業者同士の競争も激化しますから、市場の活性化にもつながりますので、通信業界そのものにとってもメリットは大きいとおもいます。結局はユーザー側が選ぶことができる選択肢の数が増えると言うことですから、願ったり叶ったりではないでしょうか?

SIMロック解除をするデメリット

デメリットといえば、お手持ちのiPhoneやスマホをロック解除する際の「条件」があるということ、そして、SIMフリーにした後も最初の契約時の「2年縛り」が残っている場合、残債や違約金などの支払い義務があるということです。

特にこの上記二点以外は特筆すべきデメリットはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回はSIMロックとその解除についてかみ砕いてお話してみました。大手三社でのロック解除方法、またその条件などの詳細は関連記事を参照してくださいね! 参考になれば幸いです!

docomo回線からLINEモバイルへ乗り換える方法とは?

auからLINEモバイルへ乗り換える方法とは?

ソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換える方法とは?

 

 

Sponsored by




4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です