格安SIMとは?MVNOを詳しくご説明します

Sponsored by




格安SIMとは、スマホや携帯に入れるSIMカードを大変安い値段で購入が出来るというサービスのことを言います。

ここでは、ざっくばらんに格安とは何か?これまでの携帯事情なども含めてコラム的にお話をさせていただければと思います。

大手三社だけだった時代から、格安SIM時代へ

長年、携帯・スマホユーザーは大手三社のdocomo、AU、Softbankの大手キャリアしか選択肢がありませんでした。
特にdocomoは今でも顧客数はダントツです。後発組のAU,ソフトバンクがほぼ同数(AUが少し上)

1990年代に入って電話が一家に一台から一人一台になり、いまや複数台持ち歩く人なんて当たり前。私も調子に乗って、以前は3台+Wi-Fiルーターを持っていたころもありました(笑)PHSなんてものもありましたよね。懐かしいです。

2000年代からネット時代に突入。2004年に初の「スマホ」が登場して以来、2008年以降はスマホ時代へ。

ガラケーからスマホへ移行していまやもうガラケーは隅っこに追いやられてしまった感があります。まだ根強いファンもいるはずですし、自分もたまに、あぁ、めんどくさい!ガラケーだけでいいかも、っておもっちゃうこともあります。

それにやはりスマホって月々の根だが高いし!って感じる事もあり、毎月支払う料金を見る度に、もう少し安くならないかなぁっておもうわけです。

格安SIMの台頭は大手キャリアには結構なプレッシャー

Carrier

各社から格安SIMが発売され初めて、手軽かつ安価にSIMがかえる時代になりました。大手はうかうかしていられない状況です。大手キャリアも他社や格安SIMを提供する会社と、どう差別化を図るのかが課題となってきました。

高い通信料金に対してキャリアは「速度」と「安定感」で勝負。信頼というものですね。

やはり何事も今の時代「速さ」は大事です。「苛っ」とすることの大半は「遅い」ってことだと私はおもうんですね。コンビニのレジでもたつく店員、手際の悪い店員に「苛っ」。電車が遅れると「苛っ」。メールしてんのに、全然返事こねーやつに「苛っ」。イライラしすぎだろ、って自分でもおもいますが、こういう性分なので仕方がない(笑)皆さんも共感されることがあるとおもいます。

速度は大事です。はい。

だから、昔は遅い、繋がりにくかったソフトバンクは「うちはプラチナバンドではえーよ」って大声でいってましたし、いまや速度ランキングではdocomoをこえています。AUに負けてるけど。

でも、高いんだ、料金が!

数年前から、欧州へよく仕事に行く際大変重宝しています。現地で5日程の滞在であれば、ローミングを使っていましたけど、2週間以上の滞在の場合、あとで請求書がくると涙が出るほど高いので、何度か「びっくり請求書」を経験したあとは、現地格安SIMを使うようになりました。

だって、ローミングって1日2,980円ですよ。なんぼなんでも高すぎでしょう!!???

ですから、こっちから持って行くのはSIMフリー端末です。個人的にはiPhoneが好きでアップルストアで購入したiPhone6sを使っています。日本で使ってるiPhone7、SoftBankのSIMを刺したままフライト状態にし、Wi-FiをONにして利用していました。Wi-Fiを使う分には無料ですからね。

そして現地で入手するSIMは5Gデータパックとか2000円くらいですからね。安いもんです。もう今後はローミングはすることはないです。確定ですね。

日本の格安SIM事情

docomo

そして、いまや日本でも星の数ほどといったら大げさかもしれませんが、格安SIMが各社からばんばん出ています。アマゾンで「格安SIM」って検索かけるだけで、200円台からSIMが買えちゃう時代。様々なプランがあってユーザーの用途にあったものを選べます。

ユーザーに歩み寄った素敵な良い時代になったものです。

ただ、音質やデータ通信の質ってことになると、格安SIMはそれぞれの会社で一長一短があります。

サブブランドのY!Mobileや最近激しく宣伝しているUQ Mobileなどは大手などとは遜色のないスピードを確保できているようです。

しかし、格安SIM(MVNO)の枠にある、IIJmio(タイプD) 、IIJmio(タイプA) 、mineo(Dプラン) 、mineo(Aプラン) 、NifMo 、OCNモバイルONE 、DMM mobile 、イオンモバイル 、FREETEL 、楽天モバイル 、LINEモバイル、BIGLOBE SIM、U-mobile , b-mobile、DTI SIM、nuroモバイルあたりは速度的にそれぞれ結果が違うようです。

私はテスト用も含めてLINEモバイル、OCNモバイルONE、 DMMモバイル、楽天モバイル、U-mobileを使っていますが、楽天とU-mobileはすぐに解約しました。使えるレベルじゃなかった、とその時は断定しました。

申し訳ないですが、酷いもんでした(笑)ディスりもほどほどにしたいですが、上下の通信共にいちいち待ったがかかるような感覚は「苛っ」としました。

値段は魅力的です。税込み2030円。1年目だけですけどね。でも、無いな。同じ2000円ならOCNモバイルONEがベターです。DMMも悪くないです。そして私の推奨するLINEモバイルはかなり優秀なサービスを安価に提供しているなと感じています。

仮に自分用iPhone、iPad(セルラーモデル)、妻用のiPhoneとネット回線用にルーターを一つ購入しても、うまくプランを選べば2万円もだせば全部まかなえるようになりましたからね。

格安SIMは使い方によってかなりお得である

回線の快適さにこだわるなら大手キャリアでいいんだと思います。

昔のキャリアメール(@docomo @ezwebなど)をいまでも利用されていてこだわりが捨てきれない方もいらっしゃるでしょう。

私は速度を犠牲にする気はないですが、高い料金は払いたくない。欲深いから出来れば両方ほしい!

現状はiPhone2台+iPad1台のため、LINEモバイル2回線と、楽天モバイルのデータ通信のみのSIMを併用をしています。

大手キャリアだけで3回線もってしまったら大変な金額になります。二年縛りで本体代金も凄い価格になります。スマホにそれだけお金を使う理由は無いとおもうんですよね。

ですから、賢く格安SIMを使って、使用料を抑え、複数台もつ喜びを楽しむ、こういう贅沢な時代になったことを感謝したいですね。

LINEモバイルへ申し込む方法まとめ

LINEモバイルの全て

docomo回線からLINEモバイルへ乗り換える方法

au回線からLINEモバイルへ乗り換える方法

SoftBank回線からLINEモバイルへ乗り換える方法

LINEモバイルの料金プラン

Sponsored by




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です